ウォルト・ディズニー、AMEX、NASA、IBMなど、世界的な大手企業をクライアントに持つトップパフォーマンスコーチ。彼女のビデオセミナーは、フォーチュン500企業(全世界のトップ500企業)のうちの350もの企業で学習され、たくさんの有名大学でも研究されている。また、米国の公共放送で教育プログラムも放映。その内容は、ケーブルTVでアメリカ・カナダにて放映されている。

目標達成 2018/04/13

夢を叶えるビジョンボード




From:リー・ミルティア

数日前にコーチングのクライアントが私にこう尋ねました。「私は今までに多くの目標を達成してきましたが、いくつかの目標は、どうしても達成できないように思えます。

それらを書き出して、志を抱いて、やるぞと決め、今年は違う年にする、今年こそは大きな目標を達成する、とアファメーションします。ですが悲しいことに、自分の立てた大きな計画が実行できないんです。そういった場合、どうすればいいでしょうか?どうすれば、目標を達成できるでしょうか?」

ここで、私が前にお話しした、学習には3つの基本的な方法があるということを思い出してください。私達は運動感覚、聴覚、視覚を通して学習します。誰もがこの3つのプロセスを通して学び、どれか1つがほかより優れているということはありません。

私達は、脳がこの世で最も優れたコンピュータであることを忘れがちです。ほとんどの企業家は、目標設定をしても、それに見合った行動をしていないことがよくあります。目標達成を成功させるには、脳に目標をしっかりプログラミングしなければなりません。

たとえば、私はいくつかコーチンググループを持っていますが、目標達成に非常に役立つものの1つは、ビジョンボード作りです。

ビジョンボードとは、目標達成の助けになるもので、ビジョンボードを見ていると、脳の学習機能の視覚面が刺激されます。ビジョンボードに貼る絵や写真は、1年の終わりにこうなっていて欲しいという目標を表しています。

そして、これらの絵や写真を見ることで、目標の鮮やかなイメージが、実際の映像として脳にインプリントされるのです。

ビジョンボードにビジネスの目標に関する絵や写真を貼ると、脳はビジョンを現実化するために、脳の参照領域から、潜在意識に保存されている情報を検索し始めます。だから、ビジョンボードは、ビジョンを現実化するのに役立つのです。

-リー・ミルティア

関連記事