グーグル、ヤフー、マイクロソフトなど、大手インターネット関連企業へのコンサルティングを行うネットマーケティングの第一人者。ビジネス戦略の構築を得意とする起業家で、マーケティングの世界で巨人と言われているダン・ケネディ、ジェイ・エイブラハムたちとパートナーシップを取り、指導を行っている。そんな経歴からリッチはグルズ・グル(Guru’s Guru = 先生たちの先生)と呼ばれる。

あなたの利益を増やす質問




From:リッチ・シェフレン

「あなたのビジネスは利益を出すために存在しています」

どうですか、シンプルな文章でしょう?でも、「その通り!」と言う前に、このメールを最後まで読んでセルフチェックをしてみてください。そして、あなたがこのシンプルな文章と一致する行動をとっているのかを確かめてください。


あなたはいま、利益が出ること、出ないことに基づいて、あなたの(仕事)時間を管理し、その優先順位を決めていますか?

起業家は自分の出したい結果について水晶のように一点の曇りもなく明確に決め、その結果の達成に向けて毎日努力することが大切だと、これまで何度かお伝えしてきました。そして、今日は話を更に先に進めたいと思います。


あなたの努力は利益になっていますか?

結局のところ、あなたがビジネスにおいて結果を出そうと努力しているとき、その結果は必ず、このメルマガの冒頭に書いたシンプルな文章―「あなたのビジネスは利益を出すために存在しています」―を実践していることを裏付けるものでなくてはいけません。

言い換えると、あなたが努力している結果が、あなたがビジネスにおいて利益を出す助けとなる必要がある、ということです。

ですから今日は、たった1つのことを自問して、あなたが達成しようと計画している結果と、あなたが終わらせようとしている仕事について評価してください。これに答えるだけで真実がわかる、極めて重要な質問です。


その質問はこうです:

「これをやれば、私のビジネスの利益がもっと増えるだろうか?」


もし、答えが「NO」なら、その仕事はいますぐやめて、他の誰かにやらせてください。あなたが経営しているビジネスですよ。時給900円の人がやるような仕事をあなたがやっていては、効率的ではありません。どうしてもやらなくてはいけないことなら、他の誰かにやらせてください!

自分に正直になれば、あなたのTODOリストの項目はかなり少なくなるはずです。最低賃金の仕事から抜け出して、起業家が果たすべき本当の役割をスタートしてください―その役割とは、いま利益を出して生きることです!

そしていま、最低賃金の仕事を任せる人が誰もいないなら、その仕事を今日やるのではなくて、今後一切あなたのTODOリストから消し去りましょう。そして、新しい解決策(アウトソーシングなど)を考えることに時間を使ってはどうでしょうか?

いますぐに私のアドバイスの通りにすれば、あなたは余計なことに気を遣わず、本来気を遣うべきこと―自分のビジネスにもっと稼がせること、有無を言わさずそうさせること―に集中し続けることができるのです。


リッチ・シェフレン

関連記事