毎年100万人以上の中小企業、大企業のビジネスオーナーや起業家に影響を与え、世界一多くの億万長者を生みだしている。そんな彼のことを、アメリカで最も億万長者を生んだ人として、「億万長者メーカー」と呼ぶ人もいれば、「21世紀のナポレオンヒル」と呼ぶ人もいる。 「日本一のマーケッター」にも選ばれた神田昌典氏も、彼の著書を監修し、絶賛のコメントを寄せている。

すぐに利益を伸ばせる1つの方法


From:ダン・ケネディ

今日は、あなたがどのようなビジネスに関わっていても、主な判断基準は利益であるべきだという点をお伝えしたいと思います。

もしあなたの判断基準が違うようであれば、あなたはビジネスをしているとは言えません。

利益は値決め

私はコンサルタントをしていると、あらゆる業種において利益を主な基準にしていない人を見かけます。彼らは優先順位を整理できていないのです。ビジネス上の決断が利益以外の要素でなされた場合、その決断はほぼ間違いなく誤ったものとなります。

利益に関わる問題の一つが値決めです。私は、ビジネスをしている人の大半が、自分たちの商品やサービスに対して低すぎる価格を設定していると考えています。私の経験上、価格は見込み客の購買決定やビジネスの成功において、それほど大きな要因にはなりません、もしくは必ずしもなるとは限りません。

私は価格表の最上部に自分たちがいて、競合が低価格に集中している状態を好みます。

私が知っている最も成功している指圧師の一人の場合、同じエリア内に彼よりもかなり安い価格で行う医者が複数います。それでも、彼の事業は、近くにいる3つの競合を足してもかなわないほど、繁盛しています。

私の経験では、これは例外ではなく全てのビジネスに共通するルールです。私がビジネスの相談を受けてほぼ毎回最初に行うのは、価格や料金を上げることです。ときには、かなりの額を引き上げることもあります。

あなたの決めた価格は安すぎる

価格は、商品を売り出す際に最も効き目がなくリスクが高いものといえます。価格のみによってビジネスを継続させることは困難です。たいていのビジネスにとって、すぐに利益を伸ばせる方法の一つが、価格を上げることなのです。大概は価格が安すぎで、値上げのタイミングも待ちすぎです。

利益を改善するもう一つの要因は、多くの新規顧客を得ることではなく、既存の顧客とより多くの取引をすることです。大きな富を生み出すこのコンセプトについては、またお話します。

次回をお楽しみに。

ダン・ケネディ


関連記事